黒にんにくで病気予防

昔からにんにくは、滋養強壮、血行促進、冷え改善、疲労回復等の筆頭食品として古今東西親しまれてきました。

1990年には米国国立がん研究所で植物食品によるがん予防研究プロジェクト「デザイナーズフーズ計画」でにんにくはがん予防食品の筆頭に位置づけしています。
にんにくに含まれるビタミンEやポリフェノール、硫黄化合物などの抗酸化作用をもつと言われている成分が、発がん性物質を活性化させるといわれる活性酸素を除去することでがん細胞の発生を抑えることができると言われています。
硫黄化合物の中でもSーアリルシステインは、キラー細胞という免疫細胞を活性化させる作用が強く、がん細胞の排除を促進すると言われています。
*黒にんにくにはこの「S-アリルシステイン」が多く含まれます。

またがん予防だけでなく、老化の原因とされている活性酸素の除去に、にんにくに含まれるアリシンが活性酸素を除去する酵素の働きを助ける作用があることから、抗酸化力を高め動脈硬化、成人病の予防効果が期待できるといわれています。

青森県産熟成醗酵黒にんにくはこちら

PAGE TOP